大正14年名古屋大須にて、初代店主である島本万吉と妻きぬによって 「山本屋」という屋号を買い取り開業したのが、今の「山本屋」のはじまりです。


研究に研究、改良に改良を重ね、山本屋独特の「こし」と真似の出来ない「味」と「こく」、毎日食べても飽きないとされるのが、山本屋の「煮込うどん」です。


味噌煮込うどんは、名古屋のどこの家でも作られていた素朴でポピュラーな郷土の味でした。
今となっては、この家庭料理を遠方から食べにみえるお客様も少なくありません。
そのためもあり、現在の通信販売をご利用頂くまでになりました。


「名古屋の名物」にまで育て上げた山本屋総本家のこの「煮込うどん」は、
国内産100%の小麦粉で、太くてコシのある「生うどん」だからこそ、
「味噌煮込うどん」の味が生きるのです。


※店頭にも表示させていただいておりますが、山本屋総本家の「生うどん」には
打ち粉に「そば粉」を使用しております。「そば」アレルギーのある方は
ご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。


生のうどんを直に煮るのが「煮込うどん」。
ゆでてから煮るのは「鍋やきうどん」。
塩を入れて打ったうどんは生のまま直に煮ることはできない。
山本屋のうどんは粉と水だけ。固く練って太い角に切ったもの。
"生きた"うどんだからこそ煮込の味が生きるのです。

山本屋の煮込うどんはカツオ、シイタケ、コンブ等で作った
だしに、たまり醤油とみりんで味付けしたすまし汁がベース。
岡崎産の八丁味噌(赤)と、名古屋産の白味噌の秘伝の調合が
ミソ。これが島本万吉さんのアイディアで、赤味噌の渋みを
白味噌の甘みでおさえ、まろやかな味が出たというところが、
誰にでも好まれるようになりました。

鍋は、煮え方も遅いが、冷め方も遅い信楽焼。
この土鍋の蓋には穴がない。
蓋をしないで煮るから、空気穴はいらない。
この蓋を小皿代わりに使ってうどんを食べるので一石二鳥である。
お腹に余裕があれば、蓋にご飯をとり、味噌をかけて
食べてもよい。
これであなたも味噌煮込通。

薬味入れは、なんと、60センチほどもあるすす竹製。
真中で区切って一方が一味で、もう一方が七味。
百年以上も経った農家の天井に組んであった本物のすすで
よい色になった竹を使っている。
昔はよく、お客様が隠して持って行ってしまう事もあったとか。
※現在、名古屋【本家】のみの取り扱いとさせて頂いております。

木目の細かく通った桧、1センチの太さのゴロットした角箸。
角があるので、うどんが逃げません。
※現在、名古屋【本家】のみの取り扱いとさせて頂いております。